歯科衛生士を目指すための一歩

歯科衛生士の職場:歯科診療所

歯科衛生士の職場:歯科診療所 歯科衛生士は、専門的な知識を必要とし国家資格が必要です。
大学や専門学校で病理学、解剖学を学ばなくてはなりません。
あと口腔衛生学や医学の基礎知識も必要になります。
国家試験をうけ資格をとるのは大変ですが、資格は生涯もつことができます。
そして、歯科衛生士は求人が沢山あるので就職には困りません。
就職先で一番多いのは歯科診療所です。
90パーセントのひとがここに就職します。
他には保健所や福祉施設に勤める人もいます。
歯科メーカー会社で働いている人もいます。
この職業は、常にスキルアップが求められるので、専門分野の勉強をするために、セミナーに行ったり認定資格を取ったりすることができます。
歯科診療所での仕事内容は、受付業務をしたり歯科医師のサポートをします。
そして一番メインの仕事は、患者さんの口の中のケアで、歯石を除去をしてフッ素を塗布することです。
患者さんとコミュニケーションをとりながら、一人一人にあったケアをしていきます。

歯科衛生士の職場:病院内の歯科

歯科衛生士の職場:病院内の歯科 歯科衛生士とは法に基づいた国家資格を必要とする職業で、歯科衛生士に許されている業務内容は虫歯や歯周病などの口腔の疾患を予防するために、薬物塗布や歯垢除去などの予防処置を行う事や歯科医師のパートナーとして治療補助を行う事、他には保育所、幼稚園、小学校などで歯みがきの方法を指導する保健指導を行うことができます。
そのため、主な勤務先は歯医者の病院内となります歯科衛生士は、同じように病院内で勤務する歯科助手と勘違いされやすいですが実際は待遇も給与も大きく変わってきます。
歯科衛生士は国家資格が必要な上に資格取得について修業年限、時間数、必修学科目があり歯科医師のサポートとして患者さんの口腔内を触ることが許されています。
この点で歯科助手とは大きく異なり医療人としての業務、地位が保障されています。
同じ病院内で勤務していたとしても許されている仕事内容や給与・待遇の面で大きな違いがあるということができます。