歯科衛生士を目指すための一歩

歯科衛生士になるために:清潔であること

歯科衛生士になるために:清潔であること 歯科衛生士は医師の治療のサポートや歯石のクリーニングなどの処置が仕事になるため、歯科助手と違い、国家資格を取得する必要があります。
資格を取れば衛生士として勤務することは可能ですが、資格だけではなく必要な資質もあります。
一番大切なのは常に清潔であることを意識することです。
医師をはじめ、医院やクリニックに勤務するにあたっては最低限求められる資質ですが、実際に治療に必要な機器の洗浄なども担当する歯科衛生士にとっては、一般的なものよりさらに水準の高い清潔に対する意識が必要です。
顔の汚れや髪の乱れがないよう、身だしなみにも気をつけるようにし、常に清潔感のあるスタイルを保つようにしましょう。
技術や経験が申し分なくても、身だしなみがだらしないと患者さんに不安に思われてしまいます。
クリニックの場合、常に院内を清潔に保っておくことも大切です。
治療に使用する機器や施設内の清掃などもしっかりと行うことができる人材が求められます。

歯科衛生士になるために:資格の取得

歯科衛生士になるために:資格の取得 歯科衛生士は歯科医師のサポートをする仕事で、歯科助手とは異なり患者の口の中に直接手を入れることができ、虫歯や歯周病予防の処置を行うことができます。
歯石を摂るクリーニングやフッ素の塗布を行い、患者に正しい歯磨き方法や生活習慣の改善指導をすることができます。
医師が行う抜歯の補助に立ち合います。
歯科助手は資格や経験がなくてもできますが、歯科衛生士は国家資格を取得することが義務付けられています。
歯科衛生士になるためには、高校を卒業後に厚生労働省と文部科学省が認定する専門学校・短期大学・大学にて知識や技術を学び卒業すると国家資格を受験する資格を得ることができます。
今までは修業年限は2年以上でしたが、歯科衛生士学校養成所の指定規則が一部改正されたため3年制以上が必要になりました。
1年目は講義中心、2年目は基礎学習、3年目は応用的な内容での実習を行い、資格取得のための学習を行います。
4年制大学でも教育が行われるようになり、大学院にて研究者になることも可能です。