歯科衛生士を目指すための一歩

歯科衛生士の仕事:歯科保健指導

歯科衛生士の仕事:歯科保健指導 歯科衛生士の仕事の1つに、歯科保健指導があります。
歯科医院でよく行われる正しい歯磨きの方法を教えることも含まれています。
葉が失われる原因は90%が虫歯と歯周病が原因だと言われており、日常のセルフケアが欠かせません。
とこrが、歯や口腔内を衛生的に保つ歯磨きは専門家から指導を受ける機会が少ないので歯科衛生士による歯科保健指導は重要だといえます。
噛むことは脳の発達にも関わりがあると言われるようになりました。
そのため、乳幼児には食育の一環として、そして中高年では認知症予防の観点からも、食べ物の食べ方・飲み込み方の知識が必要です。
よく噛んで飲み込むことは、健康維持につながるため、歯科衛生士による歯科保健指導は重要な役割を持っています。
歯科衛生士の活躍の場が、歯科医院以外にも広まっているのは、以上のような需要が高まっているからだといえるでしょう。
近年は、摂食や嚥下に障害のある方のサポートも、歯科保健指導に含まれるようになりました。

歯科衛生士の仕事:歯科診療の補助

歯科衛生士の仕事:歯科診療の補助 歯科衛生士が歯科医院に勤務する場合、主な仕事は歯科診療の補助業務の実践だと言われています。
医師が治療をしているときに、必要な器具を用意したりすることで、診療の流れをスムーズにしています。
あくまでも補助的に行うことから、歯科衛生士が担当できる範囲は歯科医師とは異なっており、指示を受けてサポートするものと考えておけばよいでしょう。
患者からは歯科助手と間違われることも良くありますが、歯科衛生士の方がより高度な専門的知識を持って医師のサポートを行うことができます。
また、歯科医院ではなく病院で勤務する場合は、手術室で補助や協働することも歯科診療の補助に含んでいます。
患者とのコミュニケーションも求められるので、信頼関係を築き上げるのも歯科衛生士の仕事のうちに入るでしょう。
非常に多くの範囲をカバーしながら歯科医師のサポート業務と、患者が安心できる診療の場づくりを担う大切な仕事を期待される存在だといえるでしょう。